じゃんぼ(日高将博)のブログ

自己実現せず、自分にできることで人に求められることを実現する必然達成の生き方を実践しています。自分のこと、地域のこと、世界のこと

コモロへ到着、大統領と同じ飛行機でアンジュアン島へ

エチオピアアディスアベバを飛びたち、タンザニアダルエスサラームを再び飛び立ったエチオピア航空の飛行機は、島ひとつない大海原を一時間半、グランドコモロ島に到着した。 

f:id:jumbomasahiro:20191017053953j:image

f:id:jumbomasahiro:20191017052224j:image

日差しが強くカラッとした天候で30度くらいはあるだろうか。


入国審査の場所に並ぼうとしたら、名前を書いたフリップボードを持った人が立っていた。

VIPと書かれたビブスを来ているところを見ると、大統領のゲストということでアテンドしていくれているようだ。

f:id:jumbomasahiro:20191017052217j:image


車でVIPルームに連れていかれるとWHOの人が迎えてくれた。しばらくここで待てと言われた。

f:id:jumbomasahiro:20191017052528j:image
f:id:jumbomasahiro:20191017052600j:image
f:id:jumbomasahiro:20191017052606j:image

歴代の大統領の写真が飾っていた。
f:id:jumbomasahiro:20191017052551j:image

 

こちらはアザリ現大統領


f:id:jumbomasahiro:20191017052523j:image

 

迎えに来てくれたWHOの方
f:id:jumbomasahiro:20191017052556j:image

今日はこの首都モロニがあるグランドコモロ島に一泊して翌朝移動の予定であったが、どうやら大統領が来るので一緒に明日移動予定のアンジュアン島に行くそうだ。プロトコールという儀式的なものが重視されるので、ここは彼らに任せるしかない。


2日近く移動してきたので、ひとまずトイレで水を含ませたタオルで体を拭いて着替えることにした。


1時間ほどしても大統領は現れない。どうやらマダガスカル外務大臣が来たということで対応しているそうだ。ハンセン病とは別の件だ。

 


VIPルームには黒いスーツの体格のいい男性や、イスラム教特有の帽子と衣装をまとった男性、赤いドレスの女性など要人と思われる人が集まってきた。

f:id:jumbomasahiro:20191017053032j:image

 

これがボーディングパス
f:id:jumbomasahiro:20191017053059j:image

AB Aviationというコモロの航空会社の飛行機へ乗り込んだ。飛行機への道はレッドカーペットがひかれている。


f:id:jumbomasahiro:20191017053036j:image

 

f:id:jumbomasahiro:20191017053307j:image


f:id:jumbomasahiro:20191017053116j:image
f:id:jumbomasahiro:20191017053123j:image

飛行機に乗り込むとお互いが挨拶を交わしている。

 

機内の窓からレッドカーペットに黒いスーツのSPが何人も取り囲んだ、真ん中にいるのがアザリ大統領だ。


f:id:jumbomasahiro:20191017053047j:image
f:id:jumbomasahiro:20191017053110j:image

 

コモロの航空会社のAB Aviationの機体に乗り込むと同じように挨拶を交わし、非常扉のある前が広くなっている私の隣の席に腰を下ろした。サービス精神旺盛で彼から写真を撮るかといってツーショットを取らせてくれた。
f:id:jumbomasahiro:20191017053132j:image

 

程なくして飛行機はイーブンサイード空港を離陸した。
f:id:jumbomasahiro:20191017053105j:image  

 

グランドコモロ島は火山島のような島で所々に溶岩が流れたような跡がある、平地を中心に家が点在している。5分ほどで島を出て、しばらくは島すら見えない大海が続く。
f:id:jumbomasahiro:20191017053054j:image


モザンビーク海峡に4島のみあるのがコモロ諸島である。30分ほどしてアンジュアン島が見えてきた。


大きな揺れもなく、安全に着陸した。


f:id:jumbomasahiro:20191017053028j:image

空港には大勢の市民が大統領を待ち構えていた。同時に迷彩服を着た軍隊もそばに控えていた。

 


このアンジュアン島は大統領にとっては決して安全と思える場所ではないらしい。


f:id:jumbomasahiro:20191017053127j:image
f:id:jumbomasahiro:20191017053041j:image


コモロ連合は3島からなり、人口の多い順にグランドコモロ島、アンジュアン島、モヘリ島となっており選挙をすれば必然的に人口の多いグランドコモロ島出身の候補が大統領になってしまう。それに不満を持ったアンジュアン島の候補がクーデターを起こした歴史があり、そこから大統領は島ごとに順番に選ばれる輪番制となっているのだ。


しかしグランドコモロ島出身の現大統領は、輪番制を廃止しようとしておりアンジュアン島民にとってみれば歓迎されない人である。


つまりいつクーデターが起こってもおかしくないという状況なのだ。


大統領は安全を考慮してこの島にいる間は軍隊の駐屯地に寝泊まりするという。


我々はWHOのコモロ代表やアフリカ事務所から派遣されたスタット一緒に普通のホテル(しかも馴染みの)に泊まることになり一安心である。

f:id:jumbomasahiro:20191017053629j:image
アンジュアン島はグランドコモロ島と比べインフラが整っておらず、シャワーも水でインターネットの接続も不安定だ。


このブログを書いて写真をアップロードするのもやっとのことだ。

 

アンジュアン島の日が暮れていく。

f:id:jumbomasahiro:20191017053816j:image

3度目のコモロ連合訪問へビザ申請

週末からアフリカにあるコモロに出張することになった。

 

みなさんコモロ連合という国をご存知だろうか?


Wikipediaによると、


コモロ連合コモロれんごう、Union des Comores)、通称コモロは、インド洋のコモロ諸島のグランドコモロ島(ンジャジジャ島)、アンジュアン島(ヌズワニ島)、モヘリ島(ムワリ島)で構成される国家。コモロ政府はフランス領マヨット島(マオレ島)の領有権も主張している。海を隔てて西にはモザンビークがあり、東南にはマダガスカルがある。首都であるモロニはグランドコモロ島(ンジャジジャ島)に位置している。

1975年7月6日、フランスから独立したものの頻繁にクーデターが発生し現在においても世界最貧国の1つであり、度重なる政治危機から経済発展が進んでいない。近海ではたびたびシーラカンスが捕獲される。


とある。


外務省のこちらの地図が位置を知るには、わかりやすいかもしれない。

f:id:jumbomasahiro:20191012195425j:image

 

前回行った時は、ドバイ、エチオピアタンザニアを経由しやっとたどり着いた日本人が1人も住んでいない国。世界各国に派遣されている青年海外協力隊員もいない国で情報が限られている。というところだった。


隣の在マダガスカル日本大使館コモロ連合も管轄している。


このブログでは前回行った時筆者が現地在住の中国人から入手した情報を記載したが、中国人ですら100人しか住んでいない珍しい国である。

ちなみに隣のマダガスカルには100万人の中国人が住んでいる。


いずれにしても筆者は、いつもアフリカで中国人から貴重な情報をいただいている。


連合のアザリ大統領にWHOハンセン病制圧大使で日本財団会長の笹川陽平氏がコモロのアザリ大統領に呼ばれたのだ。


会長は昨年7月に訪問し大統領から「ハンセン病を2030年までに撲滅する」というコミットメントをいただいた。


そして大統領は早速行動に移し、ハンセン病の患者発見キャンペーンをスタートするにあたっての式典があるから来てほしいと招待されたのだ。


しかし残念ながらその知らせが来たのは1週間前、会長の予定は埋まっており行くことはできない、代理として笹川保健財団の南里常務と私が行くことになった。


コモロはビザが必要な国、しかし日本にはコモロ大使館はなくセネガル大使館を通じてビザ申請することになる。


セネガル大使館は代官山の閑静な住宅街にある。

f:id:jumbomasahiro:20191012195951j:image

 

f:id:jumbomasahiro:20191012200657j:image

代官山TSUTAYAを通り、


f:id:jumbomasahiro:20191012200211j:image

 

住宅街に入ると


f:id:jumbomasahiro:20191012200615j:image

 

セネガルの国旗が、


f:id:jumbomasahiro:20191012200627j:image

 

セネガルの説明も
f:id:jumbomasahiro:20191012200602j:image

 

待合室
f:id:jumbomasahiro:20191012200646j:image

 

セネガルの特産品

f:id:jumbomasahiro:20191012200550j:image

 


f:id:jumbomasahiro:20191012200636j:image

 

月曜日に申請して金曜に受け取り、特急申請だったので大使館の方々にお世話になった。

 

必要書類はこちら。(2019年10月8日現在)

1.旅券 *入国時6ヶ月以上
2.申請書×3 
3.写真 *縦4.5×横3.5cm 3枚
4.e-TKT*日本出国から帰国まで全行程が明記されたもの
5.ホテル予約確認書
6.査証料金*Single¥2,976   Double¥2,976×2 Multiple¥5,952

 

これがビザ。

f:id:jumbomasahiro:20191012201110j:image

 

その後なんと政府から特別ビザがおりたのだが、それはまた別の話。

 

 

 

 

State counselor(アウンサンスーチー国家最高顧問)と回復者が直接対話する世紀の瞬間の証人となった話。

会場の全員が起立し、緊張が走った。

f:id:jumbomasahiro:20181220175414j:plain

緊張した顔を撮られてしまった、2列目にいる筆者。写真提供はState Counsellor Office



黒服の無表情なSPが入場したと思うと、


鮮やかなピンク色のシャツと茶色のロンジー姿で、白いユリの花の髪飾りをしたその人が現れた。

f:id:jumbomasahiro:20181215151747j:image


ただならぬオーラを纏う人とはこういう人のことを言うのだろう。


今まで何人もの各国の元首にお会いする機会があったのだが、その方々とは一線を画していた。


ハンセン病の会議に国家最高顧問が出席することは考えられないそうだが、何度もミャンマーに足を運び、在ミャンマー丸山日本大使、笹川会長、日本政府の尽力もあり、来ていただけることとなったのだ。

f:id:jumbomasahiro:20181215151903j:image

f:id:jumbomasahiro:20181220175419j:plain



スピーチをされ、会場のミャンマーハンセン病についての現状と取り組みのポスターセッションをご覧になった。


その時、笹川会長は回復者の方を直接合わせたいとおっしゃった。


必死に探したがちょうど、ティータイムとの事で、みなさん休憩されてお茶を飲まれていたのだ。


スーチー国家最高顧問の時間は限られている。


ちょうど昔からの知り合いでマンダレーの病院のMyat Thida先生がいらっしゃり、ティー休憩をしていない方を連れてきてくださった。


私は、「State counselor, please hear their voice. Their are persons affected by Leprosy」そう話すのが精一杯だった。


彼女は優しく頷き、彼らと話し始めてくれた。


ここにハンセン病回復者が国家の最高権力者と直接話す世紀の瞬間が実現したのだ。

 

f:id:jumbomasahiro:20181215152026j:imagef:id:jumbomasahiro:20181215152019j:image


回復者の皆さんは、いままでの苦しい経験、そして今の生活の話などその時間は15分にも及んだ。国家最高顧問は、滞在の時間を延長してくれた。

 


回復者の方々の強い心と経験は、彼女さえも動かしたのだ。

 


私は新たな歴史の1ページの証人となった。

 

 

 

 

 

 

 

まずXを作る

机の上であれこれ練ってても成長しない。

 

自分が思い描くことをまずXと置いて、たたき台を作る。

 

このたたき台を作れることがイノベーションへの第一歩。

 

たたき台を作れる人も少ないが、叩かれる覚悟がある人も意外に少ない。

 

まずXを作り、アクションを起こし現場に入りながらトライアンドエラーを繰り返す中でしか情報は得られないし成長もない。

 

俺は若者にそれができる場を提供したい。実家の山、福智町はその場のひとつだと思う。

f:id:jumbomasahiro:20181011092920j:plain

f:id:jumbomasahiro:20181011092924j:plain

写真は2018年の福岡県田川郡福智町にある実家の山のイベント『森の音楽祭』

Presented by Bamboo Space Project

リーダーになって欲しい人の3条件

1.フットワークが軽い

2.口と行動が伴っている

3.どんな状況でも楽しめる

特に1番面が大事だ。

やり始めないと次が見えない、考えるだけでは情報が少なすぎる。

やる前にあーだこーだ考えて動き出さない人は困る。

 

f:id:jumbomasahiro:20181011094201j:plain

写真は実家の竹林

ハンセン病回復者が撮る富士山の写真展開催

「ただ今左手に富士山が見えます。」

 

機内のアナウンスに心踊り、夢中でシャッターを切った。

 

f:id:jumbomasahiro:20181010094306j:image

 

ジャカルタからの深夜便で羽田に着く直前の事だった。

 

デジャヴだ。

 

高校生で初めて修学旅行で東京に行った時のことが蘇って来た。

 

新幹線、飛行機、晴れている日の都内からも見ることができるかの山だが、

見る度に別人のようなのは何故だろう。

 

季節や天候が違うからではない。

 

僕の心が違うのだ。

 

かの山の麓にある国立ハンセン病療養所駿河療養所の杉浦さんの部屋に初めて入れてもらった。

 

彼の部屋からかの山が見えた。

 

空気がピンとしていて、今までにあったことのない姿だった。

 

彼はずっとかの山をこの部屋で撮り続けた。

 

そしてその写真を東京で展示したいという夢があった。

 

写真家の黒崎さん、ボランティア活動をしている伊東さん、

多くの方の協力によってその夢が実現した。

 

9月からハンセン病資料館で展示をしているが、

10月15〜25日ではとうとう日本財団一階のバウルームで展示できることになった。

 

東京のど真ん中でかの山が観れるのだ。

f:id:jumbomasahiro:20181010094442j:plain

 

日本財団赤坂ビル1Fバウルーム
日時:10/15(月)~10/25(木)9:00~17:00(土日曜定休)
アクセス:https://www.nippon-foundation.or.jp/who/about/access/
注)10/25(木)は12:00まで。

 

詳細はこちら。

leprosy.jp

 

現代人の寿命

現代人は寿命が短くなった。

 

あれっ、科学技術、医療が発達して寿命は長くなったのでは?

 

いや短くなった。

 

現代人は自分の寿命イコール寿命なのだ。

 

自分がこうなっていたい、老後はこんな事したい。すべての視点は自分、自己実現だ。

 

f:id:jumbomasahiro:20181011092226j:image

写真はインドネシア、マルク州のアンボンのビーチ

 

僕らのおじいさん達の代の人は、自分の寿命は長くないかもしれないが、二代、三代かけて実現したいことが未来、つまり寿命だったのだ。

 

自分のみの世界でなく、二代、三代後の未来が自分の未来となる、寿命を長くしたいものだ。